お金を借りる

お金を借りるなら

お金を借りる女性

 

誰にも知られずにお金を借りるなら、スマホやパソコンなどからネット経由でキャッシングを利用することがオススメです。

 

銀行でお金を借りるには審査のための必要書類などが必要となり、審査時間も2週間程度かかる場合があります。

 

しかし、消費者金融でキャッシング申し込みをした場合は、早ければ即日融資をしてもらうことも可能です。

 

もちろん審査なしということではなく、審査時間が早くすぐに審査結果を連絡してもらえるということです。

 

お金を借りる場合は今すぐにお金を借りたい場合が大半ですので、申し込んだ当日にキャッシングしてもらえると嬉しいですよね。

 

すぐにお金を借りられる存在としては親・兄弟や友達などがいますが、借金が人間関係トラブルの原因にもなりかねませんのであまりオススメできません。

 

中には彼氏や彼女にお金を借りてしまい、それが原因で分かれてしまったなんてカップルもいるほどです。

 

 

その点、キャッシング会社はお金を貸すことが仕事ですから、気兼ねなく借金することができます。

 

ですがキャッシング会社からお金を借りるには、申し込みをしてから審査に通らなければなりません。

 

銀行より審査はゆるいと言われていますが、もちろん信用力に不安なある場合は審査落ちすることになります。

 

過去に返済トラブルがある俗にいうブラックと呼ばれる人は、キャッシング審査に通る可能性は低いです。

 

消費者金融や銀行の公式サイトでは本申し込み前の仮審査を受けることができるので、自分が借入可能かどうかをチェックしてみましょう。

 

3秒審査や10秒審査など、事前審査は短時間で借入可否の目安を知ることができるのでオススメです。

 

スマホやパソコンなどインターネットを利用できれば、仮審査やネット申し込みなど便利な機能を利用することができます。

 

是非ともお金を借りるならインターネットを活用して下さい。

 

住宅ローンでお金を借りる方法を知りたい

お金を借りるのは、何もキャッシングだけではありません。

 

家やマンションを購入する場合の住宅ローンも借金の一つです。

 

新居に済む夫婦

 

正確に言うと、住宅ローンの借り入れもカードローンの借り入れもどちらも銀行からお金を借り入れる行為となります。

 

ですが、住宅ローンはカードローンに比べ、金利が安くなっています。

 

カードローンの場合には、フリーローンとなりますから、借り入れをしたお金を何に使っても自由となりますが、住宅ローンの場合には、住宅にかかる費用の借り入れしかすることはできません。

 

どちらも借り入れをするためには、審査がありますが、住宅ローンの方が借り入れ額が大きいため、仮審査と本審査の2つの審査にクリアにならなければ借り入れをすることができません。

 

カードローンの場合には、年収の3分の1までしか借り入れが出来ない場合が多いのですが、住宅ローンの場合には、年収に応じ借り入れ額が決まります。

 

審査内容としては、長期間借り入れをした場合に返済ができるか否かの審査となります。

 

 

カードローンの金利の大半が18パーセント以下となりますが、住宅ローンの場合には、住宅ローンの金利が高くなったとしても、3パーセント以下にとどまることが多くなります。

 

金利分の返済は安く思えるかもしれませんが、借り入れる金額が大きく、借り入れ年数も長期間となりますから、カードローンよりも多くの金利の支払いをしなければいけない場合が多いでしょう。

 

住宅ローンの足しにするためにカードローンの借り入れをすると、金利が高くなってしまいますし、借り入れ限度額が低くなってしまいますからローンは目的に合わせたローンを利用しましょう。

 

住宅ローンの比較はこちらのホームページに詳しく書かれています。

 

【参考サイト】住宅ローン金利について